遠くにいくことの難しさよ

雑記

とにかくこれ、転がっていくことの難しさよ。40歳になって思うことは、休みの日にはやっぱり、ただただ疲れを癒やす感じになるな。とにかく休んでいるうちに、土日が過ぎていくな。

これだって過去に何度も同じところに立って、何度も同じことを感じているのだが、休みはただただ休みたい。ぼーっとしたい。ぼーっとしたらゆっくり回復してくる。何も考えない。ぼーっとする。休憩する。

でもそれも楽しいけどな。ひたすら休憩する楽しさというのあると思うのだが、どうなんだろうか。休む楽しさ。休みの日は歩いている。2時間ほど歩いて、それで少し疲れているので、あとは夜になって、ご飯を食べてぐーぐー眠る。

それで楽しい。っていうのはどうなんだろうか。

なかなか、エンターテインメント性に欠けるよな。40の男がただ2時間歩いて、カレー食べて、グーグー眠って楽しいです。って言われてもなかなか、受け入れが難しいよな。

じゃあ、どんな感じのことが良いのかしら。

コロナの影響もあるけど、ここのところずっと家か家の近くにいる。遠くに出かけたい、転がっていきたいという思いはあるものの、ひたすら家か家の周りを歩き回っている人生になっているな。

どうにかして非日常を取り入れた方が良いと思っているものの、どうしたら良いんだろうね。ふと本棚を見てみた。ニーチェの「ツァラトゥストラ」があった。過去に何回もチャレンジしたが、何回読んでも30ページほどまでしか読み進めることができなかった本だ。

夏季休暇中に無理やり読み始めた。どういうわけか今回はわけが分からないながらも、1日で100ページほど読むことができた。それから数日かけて最後まで読んだ。

話の内容は、やっぱりほとんどわけが分からなかった。けどなんかよかった。すごいエネルギーだなと思った。どんだけエネルギーあったら一人の人間がこんな話書けるんだよと。しかも大真面目にこれを書いている。すごすぎて一周まわって笑えてくるというか、元気がもらえる感じがした。

そんな風に思っていたら、夏季休暇が終わっていた。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました