私はなにかを生み出したくてやっているのかしら

雑記

楽しさについて考えたい。よくよく考えると、楽しいっていうことは、楽しいを受け取るってことなんじゃないか。楽しいっていうもの自体を誰も見たことがなく、どこにも売っていない以上、楽しさっていうのは、楽しいをキャッチしたときに、その楽しさをキャッチした人に現れるのではないか。というようなこと。

そんなことを考えていた。何をしているとき楽しいか。カレーを食べているとき楽しい。お風呂につかっているとき楽しい。疲れたあと布団に入って眠る前の状態、楽しい。散歩しているとき楽しい。

それらに共通して言えることは、楽しさを感じているとき、ふわーっとなる。っていうことだなと思った。ふわーっとなって、ああ、いいねいいね。という感じ。

そしてこの”ふわーっ”が楽しさの正体により近いものなのだとしたら、楽しくなりたいんだったら、ふわーっとなれば良い。ということになる。

ということは何もしていなくても、あぁー、たのしぃー。と思えれば楽しめるのじゃないか。すぐ近くにカレーがあったら良いけど、たとえカレーがなくても、フフフ。フフフ。おぉー、いいねいいねってできるんじゃないかと考えた。

どうだろうか、危ない考え方だろうか。というか、うまくここから次の話に展開させられるだろうか。

そこで私は考えた。ちょっと試しにやってみよう。
楽しい、楽しい、楽しい、楽しい、今、めちゃくちゃ楽しい、今何もやっていないけど、何者にもなっていないけど、椅子に座っているだけだけど、楽しい、楽しい、楽しい、楽しい、うはー、うっわー、たのっしぃーー。

うーん。できているような気もするし、できていない気もするし、ちょっと難しいな。何もせずにいきなり楽しくなるのちょっと難しいな。

ホットコーヒーをごくごくと飲んだ。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました