コンクリート

雑記

楽しさについて考えたい。なんとなくコンクリートっていう言葉が浮かんだ。コンクリートっていうことが影響しているのではないか。コンクリートばっかりみているから、頭がそれ以上のことをイメージできなくなっているのかもしれないなと。自ら風が吹いている場所にでかけて行く必要がある。そういうことだと思う。

音楽とリズムを大事にして様々な場面をみて、感じて次の話をする。例えば雨が降っていたとしたら、それ自体を武器にして次の話を作りだす。

これをいつでも何回でもやる。風が吹いている場所で様々なものを見るようにする。じっくりとあたりを見回す。耳をすます。様々な人の考え方を聞いてみる。

そんな方法で自分自身に風をあてる。そうすると話が転がっていって楽しくなってくるんじゃないかと、そんなことを思った。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました