静かな敗北と楽しさについて

雑記

やってみないと敗北できないわけだから、とにかくやってみた方が良いんだろう。それはそうなんだろう。新しい話を思いついて、公開してみて、何も反響がなくて、あーぁ、という感じになって。でも楽しい。負けるのは嫌だけど、なんか楽しい。この感覚は大事なような気がしている。
とにかく全てのものにビクビクして一歩も動けない状態よりも、少し風通しが良くなって健康的な気がする。

やってみないと敗北できないわけだから、やってみて敗北する。もう一度立ち上がる、もう一度やってみる。また敗北する。そして次の作戦を考える。そんな感じでやっていきたい。

大怪我するようなことや、立ち直れなくなるような大損害がでること以外、やってみるようにしたい。ずっこけるのは少し恥ずかしい気もするけれど、何もしないより良いと思う。

そんな風に考えて、いろんなことに挑戦して行きたい。静かな敗北の中にこそ楽しみがあるような気がする。自分自身を宝くじに見立てて、途方も無いことを始めよう。

その道すがらで、うまくいかないこと、ずっこけエピソードを集めよう。ネタにして、文章にして、活用しよう。

そんな風に思いました。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました