どうにかして大家になれないだろうか

不動産

とにかく何でも良いから文章書くにしても何か書くことがあったほうがよい。ゴールデンウィーク中、とにかくゆっくり休みながら、1日に3時間散歩しながら考えた。

そうだ、大家になろう。というか、どうにかして大家になれないだろうか。事業をやってみたいという思いともマッチするし、不動産事業というのは、あれはどういう仕組みになっているんだろうか。

このままほっといたら40になって、50になってできることが限られていく。いつか事業をやってみたいという思いがある。だけどいつまでも、いつかいつか言っていたら、そのいつかはこない気がする。ということでどうにかして大家になって、仕入れて売って、利益を得てというのをやってみたいところだ。

その様子をここに書き記していくことによって頭の整理にもなるし、合同会社とうふさかなのテーマであるテキストを書くという部分にもつながっていくのではないか。そんなことを考えた。

そのんなこともあって、この休みに不動産に関する本を何冊か読んでみた。ほー、そうなっているんだ。へー、なるほどね。などと。いろんな人がいて面白い。それに不動産の事業といっても手法がいろいろあるようだ。

たっぷり休んだからこんなことを考えはじめたのか、どうか。それはわからないけど、とにかく何かやりたい。とにかく、そっち方面歩いていってみよう。いろいろ勉強しながらも慎重に進めていってみよう。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました